事業内容

建物共済

加入できるのは

農家が所有または管理する建物と、その建物に収容されている家具類です。

対象となる事故は

火災共済 火災、落雷、破裂又は爆発、建物内部からの車両又はその積載物の衝突又は接触、建物外部からの物体の落下・衝突等、給水設備の事故に伴う水ぬれ、盗難によって生じたき損・汚損です。
総合共済 火災共済の対象となる事故に加えて、風水害、雪害、地震、津波などの自然災害も対象となります。

補償期間は

掛金を払い込んだ日の午後4時から1年間です。( 継続加入の場合は、責任満了日の午後4時から1年間となります。)

補償内容は

建物1棟ごとに、再取得価額の範囲内で補償します。

※同等のものを再建(再取得)するのに要する金額のことです。

加入限度額は

火災共済 1棟あたり6,000万円まで
総合共済 1棟あたり4,000万円まで

火災・総合の両方に加入の場合合わせて1億円まで加入できます。

さらに加えて、「残存物取片付け費用」「損害防止費用」「特別費用」「地震火災費用」「失火見舞費用」を損害に応じて共済金に加算してお支払いします。

掛金は

掛金表(年額)

共済種類 加入共済金額 構造種類
一般造(木造) 耐火造B(鉄骨・土蔵造) 耐火造A(鉄筋コンクリート造)
火災共済 100万円 730円 430円 240円
1,000万円 7,300円 4,300円 2,400円
6,000万円 43,800円 25,800円 14,400円
総合共済

臨時費用担保特約20%付き

100万円 2,670円 2,390円 2,210円
1,000万円 26,700円 23,900円 22,100円
4,000万円 106,800円 95,600円 88,400円

※上記の表は住宅、納屋、物置、農作業場などに係る掛金の例です。

共済金の支払例

火災共済

加入共済金額(ご契約金額)が再取得価額(新価額)の80%以上である場合

損害共済金(お支払共済金)損害額

加入共済金額(ご契約金額)が再取得価額(新価額)の80%未満である場合

損害共済金(お支払共済金)損害額×加入共済金額(ご契約金額)/再取得金額新価格 × 80%

総合共済

地震・噴火・津波による損害の場合

損害共済金(お支払共済金)加入共済金額(ご契約金額) × 損害割合 × 支払い限度額割合(お支払共済金)

地震・噴火・津波以外の自然災害による損害の場合

損害共済金(お支払共済金)(損害額 − 10,000円) × 加入共済金額(ご契約金額)/再取得金額

※または再取得価額の5%に相当する額のいずれか低い順

特約付きの加入をおすすめします

自動継続特約

次回以降9回分の自動継続が可能になります。9年分の加入申込み手続き等が省かれるほか、万が一の継続もれがなくなり安心です。
この特約を付ける場合は口座振替登録が必要となります。

臨時費用担保特約

損害共済金のほか、臨時の費用として損害共済金の10〜30%(選択)に相当する額(1建物、250万円限度)をお支払いします。また、火災の事故により加入者等が被害の日から200日以内に死亡、または後遺障害を被ったときは、加入共済金額の30%(1事故、1名200万円限度)をお支払いします。

※火災共済の場合、掛金表が異なります。また、総合共済はこの特約20%付きでのご契約となります。給付 割合を変更する場合は、当組合までご連絡下さい。地震等事故については、支払対象外になります。

小損害実損てん補特約

損害の額が30万円以下の小損害事故の場合に損害の額を共済金としてお支払いします。なお、この特約は火災共済又は総合共済の共済金額が1,000万円以上の契約に付帯できます。

収容農産物補償特約(建物総合共済のみ)

建物に収容されている販売用の農作物(米、麦、大豆)が共済事故による被害にあったときに共済金をお支払いします。米、麦、大豆それぞれ5口(500万円)まで加入できます。

※申込みについては組合へご連絡ください。

収容農産物損害共済金(損害額)=損害の生じた数量×作物共済の補償単価

※支払対象:損害額1万円から(支払限度額:1口あたり100万円)

※地震、噴火、津波は損害額の30%を限度に補償

(掛金)
Aタイプ(一時保管)最大120日まで 1,000円/1口
Bタイプ(通年保管) 3,000円/1口