事業内容

農機具共済

加入できるのは

農家や生産組織などが所有する農機具です。

  • 農機具1台あたり10万円から2,000万円までの範囲で新調達価額(新品価額)まで加入できます。
    ※中古農機具は購入価格まで加入できます。
  • 新品購入年月より経過年数11年までの農機具が加入できます。

加入できる機種

屋外使用型 トラクター・コンバイン・田植機・畦塗機・ハローなど屋外で使用するもの
屋内使用型 乾燥機・もみすり機・精米機・育苗機など屋内で使用するもの

※畦塗機・ハローなど附属装置は1台ずつ加入してください。

対象となる事故は

衝突、接触、墜落、転覆、火災、落雷、盗難、鳥獣害、自然災害などです。(地震・噴火・津波を除く。)

補償期間は

掛金を払い込んだ日の午後4時から1年間です。(継続加入の場合は、責任満了日の午後4時から1年間となります。)

掛金は

掛金表(年額)

加入共済金額 10万円 100万円 500万円 1,000万円 2,000万円
屋外使用型 400円 4,000円 20,000円 40,000円 80,000円
屋内使用型 200円 2,000円 10,000円 20,000円 40,000円

自動継続特約

毎年、契約更新が必要ですが、この特約を付けることで、次年からの更新手続きが不要となります。(この特約を付する場合は金融機関の口座振替登録が必要となります。)

共済金の支払いは

事故による損害に対し、加入割合に応じてお支払いします。

共済金の計算式

支払い共済金損害額 − 免責額×加入割合(加入共済金額/新調達価額)

※免責額は、下記の「免責基準」を参照してください。

1年以内に事故による損害を復旧することが原則として条件となります。

共済金のお支払いの比較(新調達価額が500万円のトラクターの場合)

加入共済金額 事故発生! 支払共済金
加入割合100% 500万円 損害額50万円 50万円 × 500万円/500万円 =
50万円
加入割合40% 200万円 50万円 × 200万円/500万円 =
20万円

共済金のお支払いができない場合があります

農機具共済は、本体の損害に対する補償です。対人、対物については補償していません。
また、下記に該当するものについては、支払対象とならないのでご注意ください。

  • 故障(偶然な外来の事故に直接起因しない共済目的の電気的・機械的損害)
  • 共済目的が本来持っている性質・欠陥・摩耗・さび、その他自然消耗が原因による事故
  • タイヤ・チューブ・ベルト・オイル・クローラー(キャタピラー)および消耗部品にのみ生じた損害
  • 新調達価額の5%または5万円のいずれか低い額に満たない損害
  • 凍結(ラジエーターの冷却水の抜き忘れによる凍結破損を含む)
  • 第二事故による損害(深みにはまり引き上げる際に生じた損害等)
  • 農作業以外の使用目的による事故

免責基準

農機具共済では、使用者の過失や損害防止義務の怠り、発生通知の遅れがあった場合、損害額に免責割合を乗じた額を免責額として損害額から差引いて、共済金をお支払いしています。
近年、機械が高性能化・大型化しています。作業効率が高くなりスピードが速くなる一方、無理な操作に伴う事故も目立っています。日頃からのメンテナンスを行うとともに、作業をする際は安全運転に努めましょう。