広報

タラの芽 湧き水利用し水耕栽培

2024年4月2週号

有終の美 後進の活躍に期待 永平寺町 金元 正(かねもと ただし)さん    永平寺町松岡宮重(まつおかみやしげ)の金元正さん(70)は、ハウス(1....続きを読む

福井のバナナに夢乗せて 専用大型ハウスで生育上々

2024年4月1週号

福井市・江島尚希さん    福井市の合同会社えじま農園・代表社員の江島尚希(えじま なおき)さん(62)は、市内の農地3㌶に大型ハウスを建設。県内でも...続きを読む

旬な北陸人 三田村崇文さん

2024年4月1週号

越前市・三田村 崇文(みたむら たかふみ)さん (32歳)    越前市で介護士として働いています。  休みの日には、母が経営しているお菓子教室&クレ...続きを読む

五つ星 小浜市・幸池美波さん

2024年3月4週号

小浜市・幸池 美波(こういけ みなみ)さん(25歳)    2023年から、キッチンカーを利用した丸いたいやきの店を経営しています。県のクラウドファン...続きを読む

料理人から転身 通年出荷を実践 野菜50品目

2024年3月3週号

坂井市・袖 貴博(そで たかひろ)さん  坂井市三国町の袖 貴博さん(45)は、料理人から農家へ転身した。ハウスと露地で、トマトやホウレンソウ、白ネギ...続きを読む

赤大豆で広げるまちづくりの輪 和ん田ふる農園交流の場に

2024年3月2週号

福井市 和中由紀子さん  「赤大豆の生産を通して、多くの人と出会い、まちづくりの輪を広げることができた」と話すのは、福井市和田中(わだなか)の和中由紀...続きを読む

私の農業経営 コウノトリ呼び戻す農法が定着

2024年3月1週号

越前市 恒本明勇さん(76)  越前市白山(しらやま)地区の特産ブランド「白山スイカ」と水稲をメインに営農しています。  2009年に、市西部地区で仲...続きを読む

原木シイタケ栽培を継承 安定した収穫へ 水分管理に注力

2024年3月1週号

越前町 松山孝治さん  「原木シイタケ栽培という産業を残していきたい」と話すのは、越前町上糸生の松島孝治さん(35)。2017年に家業の原木シイタケ栽...続きを読む

4月就農へ準備着々 キュウリ養液栽培に挑戦

2024年2月4週号

美浜町のハウス11棟で 松山裕樹さん  宮崎県出身の松山裕樹さん(32)は、4月からの念願の新規就農に向け準備を進めている。美浜町にあるハウス11棟(...続きを読む

雪の下にんじん 無駄なく使い切る商品開発

2024年2月3週号

大野市 さかだに特産工房  大野市阪谷地区にある「さかだに特産工房」では、同地区で栽培した農産物でかきもちやジャムなどの加工品を製造、市内の道の駅「越...続きを読む

ページ