広報

旬な北陸人 秋山一騎さん

2024年2月3週号

福井市・秋山一騎(あきやま かずき)さん(21歳)  坂井市の三つ星株式会社でトマトやネギの生産管理をしています。  子どものころ、祖母の作ったハクサ...続きを読む

特産「東浦みかん」を後世に残したい ジャムで広める魅力

2024年2月2週号

香りとコク、滑らかさ 幅広い世代に向けて 実果garden 上野佐和子さん  敦賀市木崎の実果(みか)garden代表の上野佐和子(うえの さわこ)さ...続きを読む

つながりを大切に 地域農業を守りたい

2024年2月1週号

インターンシップは加工品開発のヒント 大野市 牧野純也さん  「4歳のころには、農業をする祖父の姿に憧れていた」と話す牧野純也さん(34)。大野市中野...続きを読む

県産野菜など使ってパン作り 農家のありがたみ実感

2024年1月4週号

勝山市 滝本紫音(たきもと しおん)さん    「幼い頃から家族の田んぼを手伝っていたので、農業は生活の一部」と話すのは、勝山市平泉寺町(へいせんじち...続きを読む

私の農業経営 リスク分散、収入保険は不可欠

2024年1月3週号

若狭町 田中正志(たなか まさし)さん(60) ▽株式会社チームみかた五湖・代表取締役 ▽経営規模:水稲7・4㌶、白ネギ1・6㌶、ウメ1・4㌶、ニンニ...続きを読む

高評価の福井県産にこまる 技術磨き良食味米生産

2024年1月3週号

越前市 「福井にこまる会」  越前市平林の大塚衛(おおつか まもる)さん(71)は、水稲「にこまる」の県内の生産者グループ「福井にこまる会」を結成し、...続きを読む

家族で協力 新たな挑戦 親子3代地域ブランド守る

2024年1月1週号

一から栽培する経験が大事 福井県若狭町・瀬尾佳彦(せお よしひこ)さん(66) 瑛史(えいじ)さん(35) 〇佳彦 父の代から生産する特産「岩屋梨」を...続きを読む

五つ星 下村耕平さん

2023年12月2週号

坂井市・下村耕平(しもむら こうへい)さん 36歳    祖父の農地を受け継ぎ、約1.2㌶でダイコンやラッキョウなどの露地野菜を作っています。栽培して...続きを読む

稲の特性を畑作物にも 食料問題に貢献したい

2023年12月1週号

福井県立大 芝 日菜子さん  「世界の食料問題に貢献できるように、これからも研究を進めていきたい」と話すのは、永平寺町にある福井県立大学大学院の修士2...続きを読む

旬な北陸人 土橋武志さん

2023年12月1週号

福井市・土橋 武志(つちはし たけし)さん(36歳)    イタリアへ旅行したときにイタリアのコーヒー文化に興味を持ち、年をとっても続けられる仕事とし...続きを読む

ページ