広報

伝統野菜山内かぶらの干しかぶら

2019年2月4週号

山内かぶらちゃんの会 若狭町山内 「味、風味、歯ごたえの良さを楽しんでください」と笑顔で話すのは、「山内かぶらちゃんの会」代表の飛永悦子さん(76)...続きを読む

池田の味おばちゃんの手作りかきもち

2019年2月2週号

自家栽培のタカキビ入り あざみグループ 池田町水海 「サクッと軽い食感で、優しい甘さのかきもちは止まらなくなるおいしさ。食べた分動けば、太らないから大...続きを読む

永平寺町伝統のお漬物

2018年12月2週号

「『なすのこうじ地辛子漬け』は、地域の伝統的な漬物です。大人の味を楽しんでください」と話すのは、「永平寺の里 野彩工房」の橋本清子さん(68)。地元の...続きを読む

次世代農業へ産業創出推進

2018年12月1週号

 近年、研究開発を自社内で行う自前主義から脱却し、外部組織と連携して成果(産業)を生み出すオープンイノベーションが注目されている。2015年6月にふく...続きを読む

「お出かけ前に、甘酒一杯、元気いっぱい」

2018年11月2週号

 「甘酒を飲んで、毎日健康に過ごしてほしい」と話すのは、力泉酒造有限会社糀亭(福井市島山梨子町)の豊岡悌子(とよおか ていこ)さん(76)。自家栽培の...続きを読む

いちほまれ

2018年11月1週号

 「日本一美味しい誉れ高きお米」という思いが込められた「いちほまれ」はコシヒカリ発祥の地、福井県が更なるおいしさを追求した自信作。いちほまれは、消費者...続きを読む

あわら温泉で育むトマト「ゆのしずく」

2018年10月4週号

「あわら温泉といえば、ゆのしずくと知られるような特産品を作りたい」と話すのは、神栄アグリテック株式会社代表取締役社長の福嶌篤((ふくしま あつし)さん...続きを読む

安心・安全無農薬の食用バラ 

2018年10月1週号

「美しい色、甘い香りのバラを安心して食べていただくことができます」と話すのは、長谷川造園株式会社の吉澤芳美(よしざわよしみ)さん(54)(ゆりの里公園...続きを読む

農地から生産物まで見える化

2018年9月2週号

 近代農業による「土壌の肥満化」が常態化しており、連作障害などの農業面はもとより、過剰成分流出の自然環境面でも問題になっている。  AMOA(アモア)...続きを読む

日本一のジェラートをみなさんに

2018年9月1週号

「牛乳と地元の食材を詰め込んだジェラートで、皆さんを笑顔にしたい」と話すのはジェラートトリノの統括店長森國晶子さん(39)。今年3月に開かれたコンテス...続きを読む

ページ