広報

花き年間10万本出荷

2021年3月4週号

姉崎陽平さん (あわら市田中々) 「好きなラジオを聴きながら作業していると集中できていい仕事ができます」と話すのはあわら市田中々の姉崎陽平さん。ハウス...続きを読む

ブランド確立へ独自の商品展開

2021年3月2週号

ICHIGOOJI 池田天瑠さん 「目指すは福井で一番のイチゴ農家」と話すのはICHIGOOJI代表の池田天瑠さん。(坂井市春江町石塚)新規就農し20...続きを読む

JGAP団体認証取得でより良い経営

2021年3月1週号

Fukui Gap Association 「農業を続けていくためには、安全の確保と環境への配慮が必要。消費者にもGAPの取り組みを知ってもらい、自信...続きを読む

自社米で純米酒、リキュールも

2021年2月4週号

「日本酒の味は麹6割、米1割、水1割、造り手2割で決まる。私たちはどの工程にも経験に基づいた自信がある」と話すのは、坂井市丸岡町山久保の久保田酒造合資...続きを読む

自然任せの農法

2021年2月4週号

「植物が自然に成長するように条件を整えています。年によって出せるものが変わり、自然任せの面白さがあります」と話すのは、福井市風巻町の斎藤宏也さん。土地...続きを読む

水田除草にヤギが活躍

2021年2月2週号

岸本 拓哉さん 敦賀市奥野 「ヤギが雑草を食べつくすおかげで草刈りが楽になりました」と話すのは、敦賀市奥野で水稲16㌶を栽培する岸本拓哉さん。雑草の除...続きを読む

旬な北陸人 坂本 翔太朗さん

2021年2月2週号

ヤンマーアグリジャパン福井アグリサポートセンターに整備士として勤め8年目になります。日々、お客様目線で、農機の整備・修理と営業販売に励んでいます。正確...続きを読む

乳酸菌入り植物活力剤開発

2021年2月1週号

株式会社ホクコン 本社福井市今市   「自社の乳酸菌を農業で活用することで、苗が強く育つなどの事例が出ている」と話すのは、株式会社ホクコン(本社福井市...続きを読む

丁寧な手作業 500年の伝統 今庄つるし柿

2021年1月4週号

今庄つるし柿特産振興会 澤﨑信雄さん 南越前町孫谷   「つるし柿を作ることで、一年の終わりと始まりを感じられる」と話すのは、南越前町孫谷の今庄つるし...続きを読む

旬な北陸人 西里 直人さん

2021年1月4週号

フォークリフトなど物流機械の修理・販売を手掛ける会社で、法人を中心とした営業を担当しています。農業においても、運搬機械は重要なものだと感じています。単...続きを読む

ページ