事業内容

家畜共済

加入できるのは

授精後240日以上の胎児から(胎児・子牛を加入しないときは生後5ヵ月の末日を経過したものから)

種豚:生後5ヵ月の末日を経過したものから
肉豚:生後20日から8ヵ月末日まで

対象となる事故は

病傷事故 家畜が病気やケガをして、獣医師の治療を受けたとき
死廃事故 家畜が死亡または廃用となったとき
(廃用とは)
  • 家畜が、まもなく死亡すると獣医師が診断したとき、または治療しても治らないと診断したとき
  • 農林水産大臣の指定する病気、不慮の事故によって治療の見込がないとき

補償期間は

掛金を払い込んだ日の翌日から1年間です。

補償内容は

病傷事故 家畜が病気やケガをして、獣医師の治療を受けたとき、治療費を補償します。(ただし、初診料は農業者の負担です)
死廃事故 家畜が死亡・廃用となったとき、家畜の資産価値の8割を上限として共済金を支払います。(割合は農業者が選択できます)

補償金額と掛金のめやすは

補償割合8割の場合(1頭あたり)

成乳牛(45月齢)
資産価値80万円
肥育牛(17月齢)
資産価値100万円
種豚(20月齢)
資産価値8万円
肉豚
資産価値1.6万円
補償金額(死亡した場合の共済金) 64万円 80万円 6.4万円 1.2万円
掛金 61,000円 20,000円 3,000円 1,500円

※特定の事故を対象としない「事故除外方式」もあります。この場合、掛金は安くなります。

※実際にご負担いただく納入額は、上記掛金に賦課金が加算されます。

共済金の支払いは

病傷事故 治療費は、加入時に設定される診療給付限度額まで共済金として支払われます。
死廃事故 共済金は次のように計算されます。

支払例:補償割合5割(価額210万円の半分)を選択し、飼養頭数のうち1頭が廃用事故となった場合

※残存物価額:実際に売られた金額または枝肉量に基準単価をかけた金額のどちらか高い方。

平成31年1月引受からの変更点について

  • 死廃共済と病傷共済に分離し、一方のみの選択もできるようにします。
  • 日々価値が増加する肥育牛等は事故発生時の価値で補償します。
  • 農業者が出荷した場合も家畜商経由の場合も共済金の対象にします。
  • 共済加入者間で取引された家畜は共済金の対象とします。

※収入保険と同時に加入できるのは、死廃共済(搾乳牛・繁殖雌牛等)、病傷共済です。