広報

米の新品種ピカツンタとふくむすめ

2021年5月3週号

福井県立大学 三浦孝太郎准教授 2020年9月より、コメの新品種「ピカツンタ」と「ふくむすめ」の販売が始まった。品種開発を主導した福井県立大学の三浦孝...続きを読む

ハウス補強し防災対策 収入保険で安心の備え

2021年5月2週号

東 俊太朗さん (福井市小羽町) 「野菜の栽培については現状どの作物を柱に据えるか色々と思案中ですが、将来的には3品目ほどに絞って栽培したいと考えてい...続きを読む

旬な北陸人 伊藤 彩華さん

2021年5月1週号

父が経営する農業法人に就農し2年が経ちます。大型特殊免許を取得しましたが、耕うんの深さ調整が難しいと感じています。 農業はどうしても力仕事が多く、夏は...続きを読む

多品種栽培でリスク分散

2021年5月1週号

株式会社 西農園(坂井市) 「収穫時期の見極めが難しいが、多品種の野菜を手掛けて、経営リスクを分散している」と話すのは株式会社西農園の代表取締役を務め...続きを読む

バランス良く多角化推進

2021年4月3週号

株式会社グリーンファーム角屋 あわら市 株式会社グリーンファーム角屋(代表取締役社長坪田清孝さん・あわら市角屋)は、埼玉県出身で同社の園芸・加工執行役...続きを読む

カラフル野菜を飲食店へ

2021年4月2週号

小山直紀さん 小浜市 「見た目がカラフルな野菜は人を楽しませることができる」と話すのは、小浜市多田の小山直紀さん。東京都出身で飲食店を経営するうちに...続きを読む

私の農業経営 良いものを作ることが大事

2021年4月1週号

(農)ファイン・ファーム・しもなか 代表理事組合長 杉本洋一さん 福井市 収入保険・園芸施設共済加入 (農)ファイン・ファーム・しもなかは1998年に...続きを読む

米直販 きめ細かくニーズに対応

2021年4月1週号

小畑 傳さん 永平寺町松岡芝原 「消費者のニーズに応え、信頼関係を築くことが大事」と話すのは永平寺町松岡芝原の小畑傳さん。会社勤めをしながら、減農薬で...続きを読む

花き年間10万本出荷

2021年3月4週号

姉崎陽平さん (あわら市田中々) 「好きなラジオを聴きながら作業していると集中できていい仕事ができます」と話すのはあわら市田中々の姉崎陽平さん。ハウス...続きを読む

ブランド確立へ独自の商品展開

2021年3月2週号

ICHIGOOJI 池田天瑠さん 「目指すは福井で一番のイチゴ農家」と話すのはICHIGOOJI代表の池田天瑠さん。(坂井市春江町石塚)新規就農し20...続きを読む

ページ